キャッシング初心者の方へ

何をするにしても、はじめてというのは少なからず不安があるものだ。特にキャッシングのような借入れにおいての初心者は不安や心配事が大きい。

そこでキャッシング初心者の方へアドバイスをしよう。

キャッシングの利用目的は人それぞれだが、価値観として持っておいて欲しいのは

「突然の出費に対応する」

ということである。

キャッシングはまとまった大きなお金を借りるものではなく、一時的なお金の工面として利用するものである。

たとえば、給料日前に飲みに誘われた、欲しい洋服を見つけてしまった、公共料金等の支払いを忘れていたなど、一時的に数万円程度の借入れをする事が目的だ。というのもキャッシングは無担保・保証人なしでの融資なので、利息が低くはない。
法外な利息をとられることはないにしても、長期返済ともなれば利息が負担に感じるようになるだろう。

しかし、一括返済をすれば高めの利息も負担にはならない。
つまり、必要な時に必要な金額だけを借りて、お金が用意できた時には一括で返済をすることがキャッシングにとっては必要である。

こういった活用方法をするのが、キャッシングの正しい使い方になるだろう。
これを初心者の方には覚えておいていただきたい。

利便性への慣れ

さて、何故こうも念を押すのかというと、初心者であると、はじめは誰でも慎重に利用していくものであるが、その利便性に慣れてしまう時が怖いのだ。
慣れは人を変えるだろう。

ビクビクしながら使っていたキャッシングが、いつの間にか利用することに抵抗がなくなり、人によってはお金の価値観すら崩されかねない。


特にATMからお金を引き出せてしまうことや、振り込みで借りれることから、自分のお金だと勘違いしてしまうようなケースも少なくはないのだ。
借金をしているんだという初心者の頃の感覚を忘れることなく利用していく必要があるだろう。
そのためには、利用目的を自ら制限した方がいい。


あくまでも自分の稼ぎの中で生活を回していき、それでも起こり得る突然の出費にキャッシングで対応するようにしよう。


ちなみに初心者なら、申込みをすれば大抵は審査に通過できる。
ただし、借入れ件数や借りれ総額が増えてくると、新たな借入れは厳しくなってくるし、借入れできる金額には限度があるので、いずれはどこからも融資してもらえないということもある。
キャッシングは何社も契約するものではない。
1社契約しておけば突然の出費には対応できるので、無理な契約は制限するようにしよう。

引用:無利息キャッシングなら無利息キャッシング.com